組織図

理事役員及び委員会名簿

SAA

常任委員会クラブ奉仕委員会

クラブ出席小委員会

クラブ会報・プログラム小委員会

親睦活動小委員会

会員増強・退会防止委員会

会員選考・職業分類小委員会

会員増強小委員会

ロータリー情報小委員会

職業分類表

クラブ広報委員会

広報・インターネット小委員会

職業奉仕委員会

社会奉仕委員会

社会奉仕小委員会

青少年奉仕小委員会

国際奉仕委員会

世界社会奉仕小委員会

米山記念奨学会小委員会

ロータリー財団小委員会

2015〜2016年度理事役員及び委員会名簿(◯印理事)

 役員名簿

 

  会  長

◯ 森住  博

幹  事

◯ 平田 雄行

    副会長

◯ 高木 信昭

副幹事

◯ 高橋 令次

  直前会長

◯ 篠野 義秀

S A A

◯ 市岡 治

  会  計

◯ 港 忠徳

副SAA

◯ 笠井 泰嘉

 

委 員 会

常任委員会

常任委員長

小委員会

委 員 長

委 員

クラブ奉仕

○高木 信昭

出  席

 圓藤 寿穂

 高橋 英雄

クラブ会報・プログラム

 市岡 治 

 

親睦活動

 高木 信昭

 平田 雄行
 高橋 令次
 粟飯原治仁
 田尾貴美子
 港 絵理子

会員増強・退会防止

 

 

○篠野 義秀

会員増強

○美馬 光夫

 竹内 洋一

会員選考・職業分類 

 村上 益夫

 伊勢 俊雄

ロータリー情報 

 野田 信彰

 

クラブ広報

○伊藤 一雄

広報・インターネット

○山中 克彦

 山本 博史

職業奉仕

○岡本 俊雄

 

 坂田 照茂

 山田 秀世

社会奉仕

○高橋 令次

社会奉仕

 小林 淳治

 杉原 義夫

青少年奉仕

 笠井 泰嘉

 野々木靖人

国際奉仕

○百木 壮介

世界社会奉仕

 岡田 保憲

 

ロータリー財団 

 篠野 義秀

 

米山奨学

 山中 克彦

 

○各常任委員長は理事とする。

 

↑このページのトップへ

SAA

 

SAA
  市岡 治

副SAA
  笠井 泰嘉

活動方針
 ロータリーの基本活動である週一回の例会が、会員やビジター、ゲストの皆様にとって有意義で充実した時間となりますように、会員のご協力を得て例会を楽しく、秩序正しく運営するというSAAの使命を果たしたいと思います。

活動計画

  • 1 会長・幹事と例会の事前準備を行い,スムーズな司会進行に努めます。

  • 2 ビジター,ゲストの方々を歓迎し,温かくおもてなしをします。

  • 3 会員相互の親睦・交流をより深められるように席次を工夫します。

 

↑このページのトップへ

 

常任委員会クラブ奉仕委員会

 

委員長
  高木 信昭

基本目標
   クラブ奉仕は,ロータリー四大奉仕(クラブ奉仕・職業奉仕・社会奉仕・国際奉仕)の中で最も基礎的な奉仕活動です。ロータリーの発展史が示すように,まず親睦活動が有り,その中で職業奉仕が生まれ,社会奉仕として発展,その活動の必然性として国際奉仕が生まれたものです。全てのルーツが親睦活動に帰結いたします。

活動方針
 この親睦活動の枠組み・スキームが「例会」に有ります。クラブ出席小委員会,クラブ会報・プログラム委員会,親睦活動小委員会とともにクラブの活性化を図らねばなりません。


活動計画

  • 1 出席は会員として最小限の奉仕です。出席率の向上を図るため楽しく魅力的な例会を目指します。

  • 2 コミュニケーションの向上を図り,円滑な風通しの良い例会・クラブ活動を目指します。

  • 3 楽しい例会を目指し,親睦活動に重点を置き,ロータリー活動を支える家族を交えた行事を行います。

 

↑このページのトップへ

 

クラブ出席小委員会

 

委員長
 伊藤 一雄

委員
 村上 益夫

活動方針
 例会出席,地区ロータリー行事の出席率の向上に努める。


活動計画 

 まずは,自分が必ず出席すること(出席率発表が出来る様)
 40周年記念年度クラブ100%出席を達成しよう。
◎例会出席が楽しい習慣に成る様に!

 

↑このページのトップへ

 

クラブ会報・プログラム小委員会

 

委員長
 坂田 照茂

委員
 百木 荘介

  • 1  クラブ役員及び他の委員長と協力しあってクラブの年間スケジュールに合わせた卓話計画を立てます。
      また,卓話担当者と,密な事前打ち合わせを行い,大切な例会の時間を有益なものとなるように努め,バラエティーに富んだゲストを迎えられるよう,参考資料なども豊富に用意し有意義な卓話となるように努めます。

  • 2  卓話の変更等については,会員の協力を得ながら,事前に対処しまして,スムーズに対応していきます。


活動計画

  • @ 運営計画書の卓話日程及び卓話者に従って行います。

  • A 卓話担当者の方には,3週間前の例会日には,卓話日の略歴(メンバー以外
    のとき)と演題をプログラム委員にご連絡を下さい。委員の方より,ご連絡を
    さしあげます。

  • B 卓話の予定がクラブアセンブリに変更する場合があるかも知れませんのでご
    理解ください。特に外部卓話者を依頼する場合は,予め早い目に御連絡を下
    さい。

 

↑このページのトップへ

 

親睦活動小委員会

 

委員長
 伊勢 俊雄

委員
  古賀 康祐

委員
  平田 雄行

委員
 高橋 令次

委員
 粟飯原治仁

委員
 山本 博史

活動方針
 会員及び会員家族の親睦と友情を深めるため,親睦交流事業に多くの皆様に参加していただけるよう企画推進します。仲間意識の向上と団結することに努め,クラブ例会,都市連合会,地区大会,国際大会への出席を奨励します。クラブの発展と会員相互の親睦増大の一助となるよう情報収集に努めるとともに,例会場に出席一覧表を提示して,会員の出席意欲の向上に努めます。当クラブ員のみならず,他クラブの訪問者に対して心から親睦の意を表します。明るく楽しいクラブにできるよう努力します。


活動計画

  • 1 会員誕生日(ケーキ)・結婚記念日(花)の送付

  • 2 家族会(旅行会・クリスマス会)の開催

  • 3 親睦会同好会等には積極的に参加,協力を得られる企画立案

  • 4 会員がかかわる冠婚葬祭等での速やかな伝達と対応

 

↑このページのトップへ

 

常任委員会 会員増強・退会防止委員会

 

委員長
  篠野 義秀

活動方針
 当クラブにおいて,新規会員の確保は組織の維持・活性化の為重要な課題であります。しかし昨年は,念願の女性会員が誕生し,その輪をひろげられたらと思っています。
 40周年である今年も,会員数35名に向けて,会員皆様の協力を得て頑張りたいと思っています。


活動計画

  • 1 女性会員の増員を図りたいと考えています。

  • 2 当クラブ・当クラブOB会員に情報をもらい増員活動をします。

  • 3 退会防止に努力します。

  • 4 今年も引き続き入会金を3万円していただき,入会の促進を図ります。

 

↑このページのトップへ

 

会員選考・職業分類小委員会

 

委員長
 村上 益夫

 

委員
  伊勢 俊雄

 ロータリーは原則として一業種一人の異業種交流の場であります。ロータリー発展の為には,先ず会員増強が重要課題です。会員増強の為には,業種拡大と現在有る業種の細分化が必要となります。昨年は念願だった女性会員が2名入会されました。これを機会に女性会員の増強にも努めたいと思います。
 特に今年は北ロータリークラブ40周年記念式典の年です。会員の皆様に協力して戴き,会員増強,退会防止に皆努力致します。

 

↑このページのトップへ

 

会員増強小委員会

 

委員長
 美馬 光夫

委員
 竹内 洋一

活動方針 

 今は亡き前40周年実行委員長仁木さんの提唱された「40周年記念式典には40名会員確保」を受け継いで,会員一人一人が増強運動に取り組んでいきたい。


活動計画

  • 1全会員が少なくとも1名の勧誘活動を行う。

  • 2 会員交流を密にし,会員相互の情報をオープンにしてより強い勧誘活動を行えるようにする。

  • 3 職業分類の未充填部分を見直し,新たな視点で会員増強に努める。

 

↑このページのトップへ

 

ロータリー情報小委員会

 

委員長
 野田 信彰

活動方針
 当クラブの発展,会員資質の向上さらに会員相互の親睦を深めるように努める。特に新入会員には,ロータリーの精神・義務・慣習・権利等について理解して戴くよう努める。

活動計画

  • 1  新入会員が,ロータリーに早く馴染み,ロータリー精神を理解してもらう為に研修会を年に2回開催致します。

  • 2  会員相互の親睦を通しロータリーに対する理解と知識を深める為,年3回の家庭集会を行います。
    研修・家庭集会・発表日程

新入会員研修会

第1回 平成29年9月5日(月)
第2回 平成30年4月16日(月)

家庭集会

第1回 平成29年10月2日(月)〜10月15日(日)
第2回 平成30年2月5日(月)〜2月18日(日)
第3回 平成30年5月14日(月)〜5月27日(日)

家庭集会発表

第1回 平成29年10月16日(月)
第2回 平成30年2月19日(月)
第3回 平成30年5月28日(月)

 

↑このページのトップへ

 

職 業 分 類 表

職業分類総数

23

未充填数

12

未充填率

52.8%

充 填 数

11分類

 

 

 

 

会員合計

29名

       

 

大分類

分類

会員名

医師

内科医
整形外科医
循環器科医
産婦人科医
耳鼻科医
歯科医
矯正歯科医
小児歯科医


医療・薬品・くすり

医薬品製造

 

金 融

地方銀行
信用金庫

 

保険・証券

損害保険
生命保険
証券業

山本 博史
田尾 貴美子

電気・ガス・燃料

電気工事
電気機械
  〃 
石油製品販売

山田秀世
港 忠徳
港 絵理子

新聞・放送・通信・情報

通信機器販売
民間放送
新聞

伊藤 一雄

運輸・輸送・サービス

バス事業
タクシー業
運輸
旅行斡旋

 

繊維・衣料

呉服販売

 

日用品・雑貨

スーパーマーケット

 

美術工芸

美術商

 

事務用品・書籍・印刷・紙

書籍販売
印刷
OA機器販売


山中 克彦

広告・写真・企画

看板
写真機材・撮影
広告

 

食料品・食品工業

食品製造
洋菓子製造販売
冷蔵保管業

 

ゴム・皮革・プラスチック

プラスチック

 

自動車・自転車・船

自動車販売
自動車整備
自転車販売
船舶製造
外車販売
特殊自動車販売
輸出車輌

坂田 照茂



岡田 保憲

機械・金属・化学

機械製作
機械販売
染料販売
化学工業薬品販売
  〃 
塗料販売




野田 信彰
圓藤 壽穂
笠井 泰嘉

窯業・土木・建築

建材販売
総合建設業
建築業
建築設計
建築コンサルタント
コンクリート販売
ガラス
家具
住宅設備
木材業
管・空調工事
内装工事
建設機械レンタル
水道工事






村上 益夫

高橋 英雄





篠野 義秀

料理・飲食・旅館

飲食
ホテル

古賀 康祐
岡本 俊雄

自由業・サービス業・不動産

司法書士
公認会計士
税理士
弁護士(民)
土地開発
ビル管理
不動産
  〃 
土地家屋調査士

粟飯原 治仁
竹内 洋一

野々木 靖人
小林 淳治
森住 博
高橋 令次
美馬 光夫
百木 壮介

農林・畜産・水産・園芸

飼料販売
農業
造園業
生花

杉原 義夫

市岡 治
高木 信昭

教育・福祉・文化

施設老人ホーム
保育園

 

宗教・冠婚葬祭

仏教

伊勢 俊雄
平田 雄行

公共機関団体

教育カウンセラー

 

 

↑このページのトップへ

 

常任委員会 クラブ広報委員会

 

委員長
 伊藤 一雄

活動方針
 広報(IT)委員会の役割は地域社会でのクラブの奉仕活動に対する認識を高めロータリーの価値観を広く地域に伝える事だと思います。

活動計画
 当クラブの恒例行事(継続事業)が3件あります。クラブ内だけの広報にとどまらず「ロータリーの友」・新聞・TV・ラジオ・各種団体の広報誌等々に情報提供が出来る様に現状から牛歩でも前進させる事が出来ればと思ってます。
 手段として広報インターネット小委員会と力を合わせてインターネットに強いクラブに!
 スマホを常時携帯している会員に協力していただき小さな情報ネットワーク構築が出来る様,創立40周年を迎える今年度,記念式典の様子が他クラブの多くの人にもネットで観てもらう様に出来れば…?

 

↑このページのトップへ

広報・インターネット小委員会

 

委員長
 山中 克彦


委員
  山本 博史

 40周年にあたり当クラブのホームページを充実させ,ロータリークラブに興味と関心をもっていただけるよう工夫し,メールによる会員とのコミュニケーションを図り,週報を更に工夫して,迅速に正確に連絡し,情報の共有化と会員相互の親睦を今以上に深めるように努力したい。

 

↑このページのトップへ


常任委員会 職業奉仕委員会

 

委員長
 岡本 俊雄

活動方針
 職業奉仕委員会の活動方針は,意義ある事業の基礎として,奉仕の理念を奨励し,これを育むことにある。
 そして,あらゆる職業に携わる中で奉仕の理念を実践し,ロータリーの理念に従って事業を行い,活動して行くという方針を大切にしたいと思います。

活動計画

  • 1 職業上の高い倫理基準を保ち,役立つ仕事はすべて価値あるものと認識し,社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものとする。

  • 2 ロータリアン一人一人が個人として,また事業および社会生活において,日々,奉仕の理念を実践すること。

  • 3 これを踏まえロータリークラブの職業奉仕の基本である,四つのテストを考えて実行したいと思います。

  • 4 基本に立ち返りつつ今年度のテーマである「人生に奉仕するロータリー」を推進して行きたいと思います。

 

↑このページのトップへ

 

常任委員会 社会奉仕委員会

 

委員長
 高橋 令次

活動方針
 当委員会は,五大奉仕委員会の中で最も重要かつ必要な奉仕委員会です。ロータリークラブ活動はもとより,徳島北ロータリークラブの認知度を高めるためにも,会員一同,積極的に社会奉仕活動に参加していきたい。

活動計画

  • 1 継続事業として社会福祉法人「ハートランド」支援のための餅つき大会を12月に行います。

  • 2 清掃奉仕事業として年間3回「アドプトプログラム吉野川」に参加し,吉野川北岸の土手の清掃を行います。

  • 3 上記「アドプトプログラム」に関連して,六条大橋南岸に植樹した蜂須賀桜の育成に努めます。

  • 4 本年10月のクラブ創立40周年に向けて,記念奉仕活動を検討したい。

 

↑このページのトップへ

 

社会奉仕小委員会

 

委員長
 小林 淳治

委員
  杉原 義男

活動方針
 社会奉仕小委員会は積極的かつ具体的な活動を進めて,より地域社会に貢献するR.Cであるよう活動をして参ります。

活動計画

  • 1 児童養護施設:徳島児童ホームの中高生をも対象に,就労支援活動として職場見学会等あらゆる事業に積極的に取り組み,要望により就労や進学等の相談にも応じて参ります。

  • 2 その他,社会に助けを求めている人々を常に意識し,新しい活動に取り組みます。

 

↑このページのトップへ

 

青少年奉仕小委員会

 

委員長
 笠井 泰嘉
委員
 野々木 靖人

 次世代を担う青少年に希望と目標を持って活動を継続していけるように私共のR・C として奉仕活動を推進していかなければなりません。
 私共の長年に渡る経験や体験を通して様々な事柄に充分取り組んで行けるように視野の広い人間に成長することを念頭に環境や場所の提供も含めた奉仕活動に取り組みたいと思います。
 皆様のアドバイスやご協力をお願いします。

 

↑このページのトップへ

 

常任委員会 国際奉仕委員会

 

委員長
  百木 壮介

活動方針
 私たちは地球市民として自由平等を基礎に連携していかなければなりません。民族,宗教,文化の違いを乗り越えて互いに交流し共に理解し尊敬しあう事こそ世界平和の基礎であり,我々ロータリアンの使命と考えます。

活動計画

  • 1 それぞれが機会を捉えて諸外国の方々と交流し地域からの多文化共生社会を作り上げる事を目指します。

  • 2 2670地区の方針に準拠し,短期交換留学,長期交換留学,世界社会奉仕のプログラムに協力する。

 

↑このページのトップへ

 

世界社会奉仕ファンド小委員会

 

委員長
 岡田 保憲

活動方針
 国際奉仕ファンド小委員会は奉仕の質は,ロータリーは地球をひとつの地域と考えていますので,社会奉仕を実践する地域が国内から世界へ広がったと考えます。活動は「金銭や物資,マンパワーで経済的に恵まれない途上国からの要請にこたえて,個人奉仕,労務奉仕を中核とした人道奉仕,人道主義に基づく奉仕」を行います。

活動計画
   国際奉仕プロジェクトにおける以下3つの条件に則した活動を目指します。

  • 1 プロジェクトは人道的な性質のものである。

  • 2 2か国以上のロータリアンが参加している。

  • 3 参加国中,1か国はプロジェクトの実施国である。

 

↑このページのトップへ

 

米山記念奨学会小委員会

 

委員長
 山中 克彦

活動方針
 日本に留学して来る外国人を対象に理想とする国際理解と親善に寄与することを目的に,日本国内のロータリアンからの寄付を財源として,日本で学ぶ私費外国人留学生に奨学金を支給し支援する国際事業として,昭和27 年末に設立されたもので,わが国最大の奨学事業団体であり,日本の文化を知ってもらい,科学・技術・知識を修得して帰国する迄奨学金を支給することで側面支援するものです。
 留学生が帰国後も日本とそして国内ロータリアンと友好を永く継続出来る様、又,世界を結ぶ架け橋となれる様に,信頼関係を築くことこそ目的とする所です。

活動計画

  • @ 普通寄付 1人当たり6,000円を希望

  • A 特別個人寄付についても御理解をして頂き,御寄付に御協力をお願い致します。

  • B ロータリー米山記念奨学会が拡大発展する様ご協力をお願いします。

 

↑このページのトップへ

 

ロータリー財団小委員会

 

委員長
 篠野 義秀

活動方針
 公益財団法人ロータリー日本財団は,ロータリーの奉仕の理念に基づき人々の健康状態を改善し,教育への支援を高め,貧困を救済することを通じて,世界理解,親善,平和を達成することを目標としています。
 ロータリー財団は,100周年を迎えました。そしてポリオ撲滅まであと一歩となりました。今年度目標達成の為,会員の皆様,財団への寄付を是非ともよろしくお願いします。

今年度の目標寄付額
 クラブ一人平均年間 $150

 

↑このページのトップへ